ラベル 08.機材、機器について の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 08.機材、機器について の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2020/12/22

機材、機器について INDEX 

INDEX

■高級オーディオケーブルについて

■高級電源ケーブルについて

■電源ケーブルで音は変わるか?続報

■ノイマン社から低価格マイク発売

■アナログアウトボードについて

■マイク選び-その1- マイクの種類について

マイク選び-その2- 低価格ボーカルマイク

■Pro Tools9 VS Cubase6(5) その1

■Pro Tools9 VS Cubase6(5) その2



当サイト『レコーディング・エンジニア講座』に掲載されている記事、図形、写真、情報など無断転用はご遠慮ください。
著作権はサイト管理者またはその情報提供者に属します。




2012/02/09

マイク選び-その2- 低価格ボーカルマイク

前回のその1ではマイクの種類について簡単に説明しました。
今回からは一番相談が多い低価格コンデンサーマイクについて書いていこうと思います。


低価格というのがいくら位なのかは人によると思いますが、ここでは5万円以下という事にします。

2011/11/29

マイク選び -その1-

■■レコーディングのマイク選び■■
レコーディングにはマイクが必要です。
でも沢山あるマイクの中からどれを選べば良いのか?
これは非常に悩むものだと思います。
特に自分でマイクを買う場合などは値段などと比較して悩む日々が続くことでしょう。

最初にマイクの種類
 
まずはマイクの種類を知っておきましょう。
大きく分けると

1、ダイナミックマイク
2、コンデンサーマイク
3、リボンマイク



この3種類にマイクは分類されます。

2011/09/28

Pro Tools VS Cubase6 その2

(2011年の古い記事です)Pro Tools VS Cubase6 その2


9


Photo



■■付属プラグイン比較■■
最近のDAWには付属のプラグインやソフトが多く買ったらとりあえず一通りの事は出来るようになっています。
初心者はもちろん乗り換えを考えている人も付属ソフトは購入時の重要な項目でしょう。

2011/06/07

Pro Tools9 VS Cubase6(5) その1

(2011年の古い記事です)Pro Tools9 VS Cubase6(5) その1
よく比較されるAVID Pro Tools9とSTEINBERG Cubase6
9


Photo



数字やちょっとした感想だけではわからない比較をしていきたいと思っています。
DAWの乗り換えを考えている人、これから購入を考えている人など参考になれば幸いです。

2010/08/12

アナログアウトボードについて

アナログアウトボードについて

レコーディングに欠かせない機材の一つにアナログのアウトボードがあります。
ここではアナログの特徴、メリット・デメリットについて紹介していきます。

2009/11/26

Neumann TLM102 低価格帯マイクへ殴りこみ

低価格コンデンサーマイクの定番といえばRODE NT2、MXL2003、AKG C-3000等が数年前から有名なんですがここに来てなんと ノイマン社から本格的な個人ユーザー向けのマイクが登場した。


Neumann TLM 102

★簡単なレビューはこちら★

価格は国内で6万円代になりそうです。
ポップガード内臓(!)でショックマウントもいらない構造というから驚き。

2009/09/28

電源ケーブルで音は変わるか?続編

電源ケーブルで音が変わるのか?

これは長年肯定派・否定派織り交ぜて議論になっているわけですが
結局の所実験をしないといけない訳です。

ちょうど良い実験が見つかった・・と思ったのですが・・・。


問題点だらけです。

2009/09/15

高級電源ケーブルについて

今回は電源ケーブル。

これも例に洩れずに超高級ランクが存在します。


正確には電源コードになりますが一般的にケーブルと言われる事が多いので電源ケーブルとします。


電源ケーブルと言っても使う機械で大きく違います。

オーディオマニアならばメインアンプとかCDプレーヤーになるのでしょうが
レコーディングエンジニア的には、まず ヘッドアンプ。正しくはマイクプリアンプ。


ここが1番音で重要なのですが"果たしてケーブルで音が変わるのか!?"という事です。


2009/08/14

高級オーディオケーブルについて

今回はオーディオ雑誌では当たり前のように語られる高級ケーブルについて。


値段で言うと1M 数百円~数万円まで様々あります。

高級(高額)なものをあげればきりが無いジャンルです。
特にオーディオマニアの間では今までも様々な議論が交わされています。